NO.13 2002/4/16

●カーニバル・カンパニー

後藤龍伸 Goto Tatsunobu

みなさま、初めまして。後藤龍伸です。諸先輩方と はアレンジャーズサミットやスタジオワークでご一緒させていただいており(自分は 演奏者として参加しただけですが)、今回はJCAAに入会早々、このような場所で自己 紹介の場を与えていただいた事を光 栄に思う次第でございます。しかるに、音楽分野ではもちろんのこと、このような電 脳系の世界でもすばらしい才能を発揮されている諸先輩方の文才と構成の力に圧倒さ れ、ノートパソコンの前で茫然としているところであります。 協会への紹介者であられるボブ佐久間先生が「ついこのあいだまでジャングルを裸足 ではしりまわっていた」と形容されていたように、わたくしはブラジルで育ち、日本 語はまったくの我流学習、パソコンにいたってはほとんど使い方がわからぬままこの 文章を打ち出しておるものですから、なにかと読みずらいことと思いますが、なにと ぞご理解のほどをよろしくお願い申し上げます。

さて、自己紹介と申しますか、私のプロフィールでございますが、なにしろ楽隊とし ての経歴は、業務上書かざるをえないので、たいして重要なことではないのですが、 おおまかに書いておくことにいたします。
1964年、東京都小平市に生まれ、1970年から1977年までブラジルにサン パウロに在住、帰国後は東京都杉並区に在住、都立芸高を経て東京芸大器楽科を卒業。 1986年から東京シティフィル、1988年から新星日響のコンサートマスターを 務めたあと、しばらくフリーの演奏家として活動、1995年からは名古屋フィル、 1998年からは九州交響楽団のコンサートマスターとしてふたつのオーケストラを 兼任しております。

今までも少しづつ、プロフィールには書いてきたことではあるのですが、私はもとも と作曲家になりたくて、人生の節目でいつもあがいていたのですが、なかなか生活に 追われる毎日からぬけだせず、クラシックの世界でいえばリストやマーラーといった 大作曲家が演奏活動から創作活動に切り替えるのが困難であったことを思い起こし、 いつかわたしも壮大な作品を残したいと夢みつつ、悶々と苦悩の毎日を送っています。

こどもの頃からスコアを読むのが大好きで、よく音符を落書きのように書き連ねてい たものですが、10歳のときサンパウロのある音楽祭で演奏されたエドガー・ヴァレーズの「ハイパープリズム」 を聴いて、「オレは作曲家になろう」と思いたったのでありました。ヴァレーズとい う作曲家はフランク・ザッパが心酔していたことで知られ 、1920年代に前衛的な作品をいくつか残した人です。それからというもの、管弦 楽法の本やストラヴィンスキー・マーラーなどのスコアを買ってもらって研究にいそ しんでいたわけですが、家庭の事情で急遽、帰国することになり、事態が一転してし まいました。その後の進路について大いに家でもめたわけなのですが、なにしろピア ノという楽器に無縁だったので、とても作曲の道に進むことはできませんでした。 高校時代はポップスにも興味を持って、古いマントヴァーニやパーシー・フェイスの サウンドにあこがれて、自分の楽団を持つのが夢でした。それを実現すべく、高校・ 大学とヴァイオリン科を受験して続けているうちに、よき仲間とめぐりあって楽器を 弾くこと自体が面白くなってきました。在学中に結成したヴァンガード四重奏団では メンバー全員が作曲・即興演奏ができたので、とても刺激的な音楽生活を送りました。

ところで、わたしは約十年、カメレオン・オーケストラというユニットを結成して活 動してきました。 このグループでわずかなオリジナル作品を発表したものの、自信作はほとんどなく、 パスティーシュという手法を使った編曲の方に力をそそいできました。パスティーシュ というのは、作家の清水義範などによって知られていますが、ある様式を模倣してあ えて異なる様式の作品を編曲したり再構築すること、と考えております。ピカソやス トラヴィンスキーはこのやりかたで過去の伝統的作品を自ら造り出した作品であるが ごとく完成させたわけです。
私の行為はとてもそのような領域に達することはできず、剽窃といわれのを覚悟でやっ ているわけなのですが、あるきっかけによって私はこの屈折した編曲の世界に目覚め たのでありました。
卒業後、私がアジア世界に関心を持ち始めたばかりの頃、旅行先の香港で買ってきた あるテープに衝撃的な感動をおぼえました。それは多分中国では著明な、立派なクラ シックのヴァイオリン奏者がいわゆる名曲を弾いているものなのですが、独奏パート はほとんど原曲のままなのに、バックにピアノやらシンセ、ギター、ドラムが入って いてそれがとんでもないアレンジなのです。いったいどういうスコアを書けばこんな 音が作れるのか、それぞれのミュージシャンは一体どういう素性なのか、想像するだ けでしばらくは笑いが止まらなかったのですが、そのうち毎日聴かずにはいられない 中毒性の魅力をこのテープは持っていました。
知識を持って、様式がかたまってしまうと、もう二度と再現することのできないなに かがあることを、このテープは教えてくれました。それは単なる感動という言葉では 言い表わすことのできない不思議な力でした。
そのあとも、現在にいたるまでも、このテープを聴いたときのショックを超えるもの を世界各地で探し求め、インド・ヴァイオリンとロシアのオーケストラの共演や、ユ ダヤ系のジャズヴォーカリストの歌うモーツァルトなど、かなり刺激的なものに巡り 会いましたが、なんとか自分の手であの感動を再現したく、模倣の世界にのめりこん でしまいました。
内容が内容だけに、とても商業的な活動は望めませんが、いつも視点の角度を変えな がら、音楽の面白さととりくんでいます。

     CD:「世界名曲集」「ネオ・ジャポニズム」など
     詳しい情報はカーニバル・カンパニーまで    


PAGEのTOP へ!