NO.15 2002/7/2

●Profile  

  光宗信吉

「光宗信吉」と書いて「みつむねしんきち」と読む。勿論?本名である。幼少の頃 から間違われたこと幾度となく。「のぶよし」ならまだしも「のぶきち」なんて言う 人がいて、がくっと肩を落とすことしきり。まぁこの名前、子供の頃は自分に「いや、 いい名前なんだ。好きだなー。」と言い聞かせてきたような気がする。(ということ は、自分では好きではなかった?)でも、「名は体を表す」という言葉の通り、この 名前が人格形成に大きな影響を与えてきたような気がする。なんとなく古くさく見え るもの、聞こえるものが好き。最先端のものが好きであっても、露骨にそのあたりを 見破られたくない。また、マジメにシリアスに二枚目を演じるつもりが、つい2.5 枚目〜三枚目を演じてしまう。
 というわけで、なんとなく芸名をつける間もなく、本名でいいや、と本名で通すこ とになった。
 アニメの仕事を沢山やらせてもらっている。だからという訳でもないのだが、最近、 秋葉原に出没していることが多いような気がする。(ほにゃらら…を見に行くのが趣 味。)実はおしゃれな場所が苦手。青山や代官山はもってのほか、○×は駅に着いて 3分で逃げ出したくなるし、△□なんかは人が多すぎてすぐさま窒息しそうになる。 でもなぜか、はっきり言ってあか抜けない秋葉原に歩いている若者?達(ハバラー?) 、その子達にシンパシーを感じてしまうのは、自分が子供の頃から「信吉」という名 前だったからだろうか?(こじつけくさいが。)
 音楽をなぜ職業にしたのか?未だによくわからない。一つだけ言えることは、選択 肢としてはいろいろあったとしても、結果的にはその道しか考えることができなかっ たということだ。学生時代に作った曲をたまたまライブで演奏したら、なぜか拍手大 喝采だった。そのことがきっかけだったような気がする。それがなかったら、今頃は 違う道を歩んでいたかもしれない。
 それなりに続けていると、色々なことがわかってくる。一つは「自分は無知なのだ 。」ということだ。世の中にはなぜ自分の知らないことがこんなに沢山あるのだ?と いうことを想像して愕然とすることもある。それと同時に「人生は有限だ。」という ことも…。つまり全てのやりたいことをやるだけの時間は残されていないということ。 とすると? 逆説的に、今、その時を注意深く、そして精一杯楽しむこと。それしか ないのでは?と思うようになってくる。勢い「いろいろな音楽を聴いて勉強しなけれ ば…。」という意識がだんだん薄れて来てしまって、ついつい気分で一週間同じCDを 毎日かけていたりする。「こんなんでいいのだろうか?」と、疑う自分と同時に「い や、こんなんでいいんだ。」と確信する自分がいる。
 つい「プロだからなんでもできて当たり前。さらに天才的なヒラメキが!」なんて 職業意識に踏みつぶされそうになるが、もうそんなこと考えるのよそう、と、力を抜 いてしまう自分が最近よくいる。
 できれば老いていくまで、他のどんな肩書きよりも「作曲家」でいたい、というの が今のささやかな夢である。

****** Profile ******


1963年10月8日生。福岡県出身。立教大学経済学部卒。4歳よりヤマハ音楽教室に通い 音感トレーニングや作曲の勉強を、10歳よりエレクトーンを始める。大学卒業後、キー ボーディストとしてマリーンのサポートをつとめ、各地のジャズ・フェスティバル等 に出演する。その後も、西村由紀江など数々のアーティストのサポートをつとめる。 1995年からは、フル・オーケストラによる作曲/編曲も手掛け、数々のアニメーショ ンや映画のサウンドトラックを制作、また、林原めぐみなどへの楽曲提供をおこなう。 また、1999年に手がけた劇場用アニメーション「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙 示録」ではフィルム・スコアリングの手法を駆使し、画面と完全にシンクロさせた音 作りが話題となる。

【主な作品】


TVアニメーション 「ナースエンジェルりりかSOS」、「少女革命ウテナ」、「アキハバラ電脳組」、 「遊戯王デュエルモンスターズ」、「Powerpuff Girls(Opening Theme)」、「ちっ ちゃな雪使いシュガー」、「ドラゴンドライブ」 劇場用アニメーション 「少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録」、「アキハバラ電脳組 〜2011年の夏休 み〜」 OVA 「フリクリ」、「ラブひなAgain」 映画 「ラブ&ポップ」(原作:村上龍、監督:庵野秀明)


PAGEのTOP へ!