NO.28 2004/1/15


 

 

猿谷紀郎 Toshiro Saruya 


 

今年もダイエットしつつ幅広く

 皆様はじめまして。昨年暮れにお仲間に入れて頂いた猿谷紀郎です。「今回は新入 りのお前が、何か書け」という事で、恐れながら、勝手な事を書かせて頂く事になり ましたが、せっかくですので、昨年一年をざーっと振り返って思い起こしてみようと 思います。
 昨年の正月そうそう「蕨野行」という恩地日出夫監督の映画の音楽を書いておりま した。これは素晴らしいお話で、年寄りがある年齢を過ぎると、蕨野と呼ばれる山奥 に行き、死を迎えなければならないという、人間の持つ残酷性と、生きて行く事の厳 しさを正面から見つめた素晴らしい映画だったのですが、市原悦子さん、中原ひとみ さん、石橋連司さんが、役の上で死ぬところを、ビデオで、さんざん見ながら曲を作っ て、正月を過ごした思い出があります。飢えて死ぬわりには、みんな丸々してるなあ、 なんて思いながら、同時にそんな事は思っちゃいけないなあなんて考えた事を思い出 します。
 やがて春になり、大阪のいずみホールにて、私のオーケストラ作品の個展が開かれ ました。これはサントリー音楽財団の主催によるもので、それまでに作曲家の室内楽 の個展シリーズとして続いてきたものを昨年からガラッと模様替えしたいという事で お引き受けしたものでした。私のオーケストラ作品をならべたところで、あまり刷新 された印象をお客さまに与える事は出来ないだろうと考え、 思いを巡らしました。そこで、以前より注目していたメディアアーティスト、岩井俊 雄さんに御協力をお願いしました。彼は、現在もNHKのデジタルスタジオの主宰をし ていますが、丸ビルのオープニングで作品を発表したり、坂本龍一との半透明のスク リーンをピアノにはめ込んだ作品とか、スタジオジブリの博物館に作品がどーんと置 いてあるようなそんな作家です。丁度、一昨年にノルウェーでの日本年に発表した私 の笙のコンチェルトがあり、それを彼がとても気に入り、その笙の音にリアルタイム で反応するシステムを彼がコンピュータにプログラミングし、音と画像とのいわゆる インターアクティブなコラボレイションをいたしました。残念ながら、私は大阪セン チュリー交響楽団を指揮していたので、その画像を見る余裕が全くなかったのですが、 後で聞いたところによると、笙の音色が光になり、それが天にかえって行くような、 幻想的な世界が繰り広げられていたようです。このコンサートの前半にお客さまに対 して、?978年頃、私はロックバンドをやっていて、非常に初歩的なレーザーを使っ て模様を描かせたり、テレビの画面を積み重ねてその場で撮ったビデオを流したりと いった事をやっておりましたという事をトークの際にふれました。自分自身も既にそ のような記憶は遠い昔の事として、一つの創作として完結したものだと思っていたの ですが、聴覚と視覚という同時に完結させなければならない芸術となった瞬間、過去 の記憶が一瞬にして蘇ってきて、芸術には完結がないということをあらためて知らさ れ、思わずお客様にそのことをお話してしまったことを思い出します。
 秋には、薬師寺最勝会復興上演の音楽監督として、雅楽の団体である伶楽舎に書い た音楽、そしてフラメンコダンサーの蘭このみさんの舞踊のためのコンピュータを用 いて書いた音楽と、ともに芸術祭賞大賞を受賞することができました。勿論その企画 が評価されたことであると感謝しておりますが、NHKFMのオーディオドラマ「怪し野」 も芸術祭賞優秀賞を頂き、1978年以来、音楽は幅の広さであるということを、モッ トーにしてきた私にとって、何か収穫を得ることができた一年だったと思います。こ れからも、できる限り幅広く音楽活動を展開させて行きたいと思っておりますが、皆 様に更に新しい分野に関して御指導を賜ることができれば、これ以上の幸せはないと 思っております。
 ところで前回の会報の最終ページの、「今年も有り難うございました」の写真で、 ペコリとお辞儀をしているのは、私でございます。これは、お仲間入りさせて頂いた 私の本心のあらわれと思って頂ければなによりです。これからもどうぞよろしくお願 い申し上げます。


                      

PAGEのTOP へ!