NO.29 2004/4/2


千住 明  Akira Senju

●Profile  ●Official home page


 

いつもいつもJCAAの会合、行事等に参加できない不良会員の千住です。せめてもの償いのつもりで今回のエッセイを書かせて頂きます。
このコーナーは僕も夜中の仕事の合間にこっそりと見ます。実用音楽の職人プロ集団であるJCAAで、同じ境遇の先輩同輩後輩の皆様のエッセイをのぞき見ると、やはり日ごろのうっぷんがたまっている方もいらっしゃるご様子、疲れていますよね。音楽業界でプロフェッショナルであり続ける事は、好きではじめた音楽だから無上の喜びもあるけれど、それと同じ位の不条理もあります。
プロジェクトの期待を一身に集め、時間と格闘し、無理難題にもポーカーフェイスで答え、抽象的な注文をこなし、失敗は許されず、プロジェクトで唯一の腕の見せ所も、その部分だけはやらなくて良いと政治的に他の音楽に決められ、自分のプランも台なしにされ、それでもいざとなったら全ての責任を負う。かなりオーダー仕事では恵まれている普段温厚な僕でも、これだけの羅列が出来るのだから相当な世界ですよね。そんな職業を20年以上続けている僕もかなり疲れています。だけど人から僕でなければと望まれれば、任して下さいと次の大きな山に笑顔で臨んでしまうのです。ご同業の皆様にだからこぼせる愚痴も公の場ではおくびにも出せない、言ってみれば「ほめられ好きの内弁慶」でしょうか?或いは人知れず自分の羽を抜き機を織る「鶴の恩返し」でしょうか?何に対する恩返しかというと、それは自分の音楽に心を向けてくれた人に対してです。「音楽は人に聴いてもらって初めて命を持つ」と思い続けて仕事をして来ました。僕達の音楽はどのような形であれ圧倒的な頻度で世間一般に流れるものです。ある時僕の音楽で救った命があると聞いた事があります。そしてその反対も考えられます。人の感情に寄り添ってしまう音楽の力は恐ろしく、それを操る人達はどんなジャンルであれ、ある種の聖職でなければならないと思います。もし僕の音楽を心で聴き、命を感じてくれる人がいたら、僕はその人のために羽根を抜き、機を織るのです。

                      

PAGEのTOP へ!