NO.40【1】 2006/1/13

杉浦 篤
プロフィール   近況  ホームページ
2006/4/4 『We live with nature〜川の流れのように奏でる鼓動〜』Daily space that presents people message
2006/3/23
 
『登り続けていく山頂まで〜蒼い海へ流れていく大空へ』第三章
2006/2/1
 第2章〜春雨の降り続ける山〜

We live with nature〜川の流れのように奏でる鼓動〜』

〜プロローグ−生い立ち〜

僕が生まれて気がつけば、母は鼻歌を口ずさみ、
父はクラシックにギターを弾いていました。
親戚でも、クラシック楽団で演奏する人もいれば
ピアノなど音楽好きな人が、周りにたくさんいました。

そんな中、初めて好きになったのは
幼稚園の行進曲になっていたビートルズの『Hey Jude』。

その頃は足付の白黒テレビで、歌番組が大好きで釘付けになって
テレビの向こうに行くんだと、おませに決めていました。

親戚の従姉弟から、洋楽・邦楽・クラシックなど
カセットテープに録音してもらい、物真似をしたり
家にあったオルガンを弾いて、『ピアノを習いたい!』と
4歳のガキんちょは、母におねだりをしていましたが、叶わず
けれど、そこで留まる事を知らず僕は、
従姉弟から幼馴染の子の家で、教えてもらいながら、
小学2年生に、とうとうその念願が叶い習い始めて、
夢中になり、
今で言う英才教育的!?音楽の基本知識を学んでいくことに。

例えば、
『これは何の音?』『二小節目から自分でメロディを作って!』
厚生年金会館などでの発表会に積極的に出場など。

その傍ら、発育もよくスポーツ万能で音楽と夢中になり
学生時代を過ごし、童話など本を読むことも好きで
読みながら心の中で描き、物語の中へ引き込まれていく
読書好きで、兄貴の夏休みの感想文も書いたりしていました。

さらに追い討ちをかけるように
ビリージョエル、スティービーワンダー、エルトンジョン、
日本では大江千里さん、原田真二さんという
鍵盤を弾きながら歌うアーティストで、
男でも鍵盤を弾いて歌う存在を知り、
シンガーソングライターになる気持ちが高ぶる。

そして気がつけば『耳コピー』をして、弾くようになり
学校の演奏のアレンジをしたり、校歌を弾いたり、
時には、音楽の時間に『ワンマンショー』と題し、授業が演奏会に。
クラスメイトからリクエストをされて、エレクトーンで弾いたり
バンドを組み、ハードロックからスタンダードまで
ひたすら音楽をしたいがために、成績の悪かった僕は、勉強をしていくようになっていきました。

高校生からソニーレコードへデモテープを親に隠れてこっそり送ったり
東京へ上京すると決意をしていた僕は
丁度、タイミング悪く母の不意の骨折で3ヶ月の入院から
大学受験を諦め、音楽への道への気持ちは固まり
周りからの猛反対を背に、高校卒業と共に上京しました。

初めて下りた街は、『渋谷』
一人暮らしとアルバイトの経験のない箱入り息子たる僕は
ある養成所と英会話専門学校へ通いながら
当時から読んでいた『月間 デビュー』で
ソニーレコードの酒井政利プロデューサーへ
直接、デモテープを送り、
その1週間後に連絡があり、スカウトをされる。

しかしながら、
シンガーソングライターとしての道への苦戦が始まり
作曲家へと転身していき現在までに至るまで
様々な心の旅が始まるとは、想像もしていない出来事が
待ち受けていました。

<プロフィール>                             

・1970年7月1日生まれ 愛知県名古屋市出身
・3歳の頃からピアノやエレクトーンなどに慣れ親しむ。アーティストになることを決め高校卒業とともに上京。

・YAMAHAポプコーン出身アーティスト福島邦子さんの幻の場所、渋谷ジャンジャンライブでピアノを2年ほど担当。

・1994年〜ソニーSD新人開発にてシンガーソングライターとして育成を受け1996年8月〜EPICソニーの目黒セクションのプロ デューサーにつき、1年ほど作曲家として関わり、作曲家へと転身。(小柳ゆきさん、乙葉さんなど提供)

・インターネットラジオ・CSラジオにてパーソナリティを担当。

・ソニーSD新人開発部のプレゼンテーションオーディションへの提供から1999年1月〜 CF雑誌『ノンノ』ボーカリストとして、時 には女性アーティストとのデュエットとしての参加など経て、アーティストへの楽曲提供をしながら、カフェバー形式のスペー  スでのアコースティックライブを開催。

リスナーとの心の距離間を大切にしたコミュニケーションカフェライブを現在も継続中。

・ショートムービーでの映像音楽提供、  一昨年からブログにて、 ポエム、コラムなどを掲載し続け、 日本芸能音楽とのコラ  ボレーションから空間プロデュース、楽曲提供からアーティストプロデュースなど、言葉や映像と音楽(演奏)、そして歌うこと 。

そしてハートフルなコミュニケーションスペースを基に心機一転、アーティスト活動を始動、フル回転していきます♪

<近況>                             

・ 2005年11月〜ワールドワイドユニット『THEWHALEHEADS』(ウェールヘッズ)
メンバーとして参加。ピアノ(ピアニカ&打楽器&コスプレ!?)担当。
青山カフェマディを中心に定期的にカフェライブを展開中。(2006年1月12日より再始動〜)

・空間プロデュース、食と音楽など衣食住の中にある生演奏による寛ぎライブをコーディネート。(2004年1月〜現在に至る)

・各クリエーターとのコラボレーションによるラウンジイベントを展開中。 (今月、来月と開催予定)

・楽曲提供(作詞曲)と共に現在、アーティストプロデュース。

・写真を撮ることが好きで、それを基に言葉を書き連ねるブログを掲載中。

・日本芸能音楽とのコラボレーション(春、桜舞う頃に)

・そして歌うことを再開予定 など。。。

                      

PAGEのTOP へ!