NO.83 2015.9.14
                                  

   長谷部徹 Toru Hasebe 

 

はじめまして。長谷部徹と申します。
ドラムスは叩きません(^_^)V
主にTVドラマや映画の背景音楽(劇伴奏音楽)を書いてきましたが、最近は校歌を書いたり、ミュージカルの音楽を書いたり、歌手に曲を書いたりと、歌ものの仕事もしています。

皆様はこの「今月の作家」のページのNo.8が欠番になっているのにはお気づきでしょうか?実は2002年だったかに一度このページに書かせていただきました。当時、自分のウェブサイト構築にハマっていた私が生兵法でdynamic HTMLやFlashを使いページを作って「今月の作家」にアップロードしましたが、Windowsではうまく動作しなかったり、同じMacでもブラウザが変わると画像の表示が違ったりというトラブルに悩まされて、結局私のページはあえなく削除となりました。幻のNo.8です。で、今回JCAAからオファーをいただき、こっそり再登場です。

我が家は両親とも音楽に関係のない普通のサラリーマン家庭でした。あまり歌謡曲を聴くような家ではなくて、父は音楽なんか知らない人で、母はNHKのラジオ歌謡やクラシック番組を聴きながら洋裁の仕事をしていました。同級生の多くがピアノやバイオリンのお稽古に通ったりする時代で、私も小学校1年から中学3年までピアノを習いました。
高校でコルトレーンに目覚め、大学でスタンリー・クラークやジャコやルイス・ジョンソンが好きになりという、今思えば少し暗い、おジャズな青春を送りました。
(長い話をサクッとまとめると)20代半ばにバンドで或るコンテストに出てグランプリを受賞。作曲家の小六禮次郎さんのアシスタントになり、それが今の仕事につながっています。小六さんには足を向けて寝られません。

実は、straight2heavenという別名でクラブ系の音楽を作っています。劇伴のような、編成の大きなオーケストラのゆったりした壮大な音楽ばかり作っているのではなんだかすっきりしない自分がいて、ヒリヒリした音楽、アヴァンギャルドなもの,五感にガツンと来るものを作りたい気持ちがあります。ミュージカルで若い作家と仕事をしたりすると、彼らが作ってくるnext schoolなトラックに刺激されてテクノ魂が疼きます。
今後、できれば長谷部徹とstraight2heavenさんがいっしょに映画の仕事をできたらいいなと思っています。

仕事をしないときは何をしているかって?
本を読むか酒を飲むか散歩をするか....
子供の頃からお絵描きが大好きで、家が女子美の前にあったので、大きくなったらあの学校に行くんだと言っていました。そのせいか大人になってからもときどき描いてきました。以前、都心の画廊で個展をやったこともあります。でも、絵を描くことは私には音楽を作るよりも体力が要るしんどい作業なので、趣味にはならないかなと思っています。本業だったらいいなぁ。

----------------------------------------------------------------

◎長谷部徹 プロフィール

東京生まれ。東京大学大学院医学系研究科精神衛生学専攻修士課程修了。ゲーム、映画、テレビの連ドラなど映像にかかわる音楽をメインに作編曲の仕事をする。
主な作品は
映画「20世紀少年」I〜III、「エイトレンジャー」、「エイトレンジャー2」、「はやぶさ/HAYABUSA」、ドラマ「白い影」「ブラックジャックによろしく」「逃亡者 RUNAWAY」「まっつぐ〜鎌倉河岸捕物控」。

 

                                      

 

                                                         

 

                      

PAGEのTOP へ!