NO.95 2017.10.11

   飛澤宏元 Hiromoto Tobisawa 

 


私の初音楽体験は2.3才の頃ダイナ・ショアが歌った「青いカナリア」です。毎日のようにレコードをかけてくれと母親にせがんでいたと後から聞きました。今聞きなおしてみると本当にカナリヤのさえずりが録音されているのですね。これが幼心にも気持ちよく響いたのかな、なんて思っています。中学に入る頃からはベンチャーズにはまりひたすらコピーしたことを思い出します。その後中三の時になぜかウエスモンゴメリーのレコードを聴く機会があり愕然としたことを覚えています。コードもメロディーもさっぱりわからないのです。

この頃からジャズにはまり色々なレコードを聴くようになりましたがテンションもツーファイブも知らずに過ごしておりました。

高校時代はブラスバンドでトロンボーンを担当し楽しく過ごしていましたが何せ田舎の高校で部員数が少ないのです。売っている譜面は30人とか40人編成なのでこれを少人数用に書き直す係になってしまいこれが編曲家を志すきっかけになりました。その後ネム(ヤマハ)音楽院に進み故若松正司先生などから指導を受けました。当時トロンボーン科の生徒は二人なのに先生は3人、ソルフェージュの指導に前田憲男先生がこられるなどとんでもなく素晴らしい環境で学ばさせてもらいましたが未だに聴音は苦手です。

20代の頃はヤマハ音楽振興会にてアシスタントディレクター兼スタッフアレンジャーとして勤務していました。ポプコンや世界歌謡祭などのお陰で当代一流の先生達のスコアを数多く見ることができたのはとても幸せな経験です。今のように楽譜ソフトのない時代ですからそれぞれの先生達の個性あふれる手書きのスコアを目の当たりにして色々と勉強させていただきました。中でも流れるような筆跡の青木先生のストリングスセクション、律儀な雰囲気を醸し出す小野崎先生、見るからに美しい前田先生のスコアなどを思い出します。

30歳でヤマハを退社してフリーランスの道を歩むことになるのですがフリーで食べていけるのだろうか?などの心配はあまりしなかったように思います。時代が良かったのでしょう。レコーディングやテレビの歌番組で使うフルバンドのアレンジの仕事が数多くありました。多分僕の世代がフルバンドを多く書いた最後かもしれません、その後歌番組が少なくなり伴奏の形態も時代とともに変わってきます。

還暦を過ぎて思うことはどんなに忙しくても好きなジャンルの追求を続けなかったことへの反省です。 忙しかった当時は流行の洋楽をコピーしたり分析ばかりしていたように思います。これからはゆっくりと趣味のジャズギターでも練習しようかな・・・

◆ Hiromoto Tobisawa's Profile ◆

 

                                      

 

                                                         

 

                      

PAGEのTOP へ!